犬と乳がんと私

乳がん一年生のブログ初心者。予後不良因子と向き合い治療中。暴れん坊トイプードルの成長も一緒に綴っていきます。

初めての抗がん剤投与を終え、ぬるっと退院

今日は成人の日で祝日でしたね。

退院日でしたが、救急外来の受付しか開いておらず、入院費は仮清算しか出来ませんでした…また清算しに行かないといけないよ😗

次回の予約時でもいいですよと言われたけど、髪があるうちに、かんぽの窓口に保険の請求に行きたいから明日早々にもらいに行くつもりです!

 

前回、乳房摘出時の入院費は10日間 96,532円

カテーテル手術 日帰り 51,260円

今回、抗がん剤投与の入院 4日間 およそ6万円くらい?

 

入院が伴えばかんぽの保険がおりるのですが、日帰り手術は保険おりないんです。

なのでカテーテル手術は痛み損😭

私的に乳がんの手術よりも辛かったのにな…。

 

私の腕は血管が細くて点滴の針を何度も刺すのが厳しいらしく、鎖骨あたりにカテーテルを入れることにしたんです。

抗がん剤が終わってもハーセプチンの点滴は続きますからね…何回も刺されて腕の血管がズタボロになっても困るので。それに抗がん剤が漏れるとその部分が腐ってしまうとか!?

 

主治医からは軽い感じでカテーテルを入れましょうと言われたので、簡単な手術なんだろうな〜とたかをくくっておりましたが、なんのなんの!本格的ではないですか!!!(素人の見解ですが💦)

手術着に着替え、頭にはキャップ、手術台に寝かされ、タコの足みたいなライトに照らされ、身体にいろんなものを繋がれて…ここまでは乳がんの手術と一緒。

違うのは局所麻酔だから痛みや恐怖がダイレクトに伝わってくるところ😭

痛み止めの注射で感覚は鈍ってるのでしょうが、ぐいぐい押されてる感じと首筋のしびれ…

 

外科の先生「これ痛いですか〜?」

私「押されてる感じがします〜〜」

看護師さん「痛かったら言ってくださいね〜」  私「うっ!痛いような気がします〜」

先生「そうだね〜痛み止めジャバジャバ使ってるよ〜」

私『!?!?先生…ノリが軽い〜』(オフレコ)

 

手術中の会話全てに"〜〜〜"がついてた気がします😅

まだ?まだ終わらないの〜ととても長い時間に感じましたが、3、40分くらいで終わったのかな?ロボットみたいな足取りで手術室を後にしました。

確かに終わってからすぐ歩けるけど、本格的じゃない!?入院してもよくない!?

でも看護師さんに聞いてみたらカテーテル手術は日帰りがマストらしいです💦

 

11月に乳がんとわかり、乳がんの治療中は歯の治療ができないと聞き慌てて親知らずを抜きに行ったけど、カテーテル手術もそれと同類くらいの気持ちでいたアホな私。

 

以下、個人的な感想です。

手術の恐怖 カテーテル>親知らず>乳がん

術中の痛み カテーテル>親知らず>乳がん

術後の痛み 親知らず>カテーテル乳がん

 

乳がんの手術が1番優しく感じました😅

全身麻酔万歳です!

痛み止めの医療麻薬にも感謝です!!

親知らずは抜いた当日に38.2の高熱が出て身体の震えが止まりませんでした。痛みも1週間残ってたし…

 

まあカテーテルのおかげで今後の点滴も安心して受けれるので、早く見た目の痛々しさがとれてくれればと思います。

傷が癒えたら皮膚がポコッと盛り上がってる写真でも載せてみようかな😁

 

カテーテルは治療が終わったら取り出すそうです。その時はまた手術ですね💦

は〜つら😂