犬と乳がんと私

乳がん一年生のブログ初心者。予後不良因子と向き合い治療中。暴れん坊トイプードルの成長も一緒に綴っていきます。

病院からの電話…確信した日

先に書いた『右乳房にしこりを見つけた日のこと』の続きになります。合わせて読んでいただけたら幸いです。

bambibibimba.hatenablog.com

 

細胞診の結果が出るまでは悪性か良性かもわからないわけですが(まあ悪性なんですけど)私は既に悪性と断定してましたので、まず仕事をどうするか考えました。

 

しがないパート主婦ではありましたが、自分なりに責任持って仕事に取り組んできたつもりです。

 

忙しい店舗での勤務でしたので、時たま自分はいつまでここで働けるんだろ?…

けど、普通に60歳まではいけるよね!

会社でおじゃまにされなければ65歳くらいでもいける!?くらいに考えていました。

 

だって、こんながむしゃらに生きてる人間が乳がんになるなんて思いもしませんよ。

 

いくら母親が乳がんで亡くなってても、私は健康そのものでしたから!!!

 

でも、事情が変わった…辞めたい…

 

 

乳がんになった友達ふたり(離れた土地で暮らしています)にも仕事のことを相談しました。

 

ふたりとも初期の乳がんで、4ミリの時に取っていて抗がん剤治療はなかったんですよね…

 

ひとりは2年前に部分切除し、放射線治療をして、ホルモン療法は断ったそうです。1ヶ月半お休みして、職場復帰してました。

 

もうひとりは30代の若い頃に罹患し、10年くらいノルバデックスを飲み続けたそうです。

ということはホルモン療法ですね。

今でも個人経営店舗のオーナー夫人としてバリバリ働いています。(最近、1月でお店を閉めるとの連絡がありました😔)

 

お互い55歳という年齢もあってか、私のしこりの大きさにびっくりしたからか、

 

"自分以外は全て後回しににして治療最優先にして""人命第一にして!""仕事は一身上の都合じゃないから1ヶ月前なんて考えなくていいよ"とか…

私の迷いを断ち切るようなアドバイスをくれます。

 

気持ちは固まりました。

 

が、簡単に辞める方向には進まないもので、

 

上司に、自分でしこりを見つけたこと、検査中であることを伝え、シフトを組まれると病院の予約が思うように取れないこと、悪性だった場合シフトに穴を開けることになる等、

切実に訴えました。

 

"高く買ってるので辞めないでほしい"

"有給、公休で繋いで2ヶ月くらい休んで復帰したらどうか"

"悪性って決まってないでしょ"

"僕の母親も乳がんやったけど元気だ"

(ここにも乳がん患者が!)

 

本当ありがたいことなんですが、辞めさせてもらえない💦

結局、結果が出るまで待ちますってことになってしまいました。

 

2020年 10月26日 

夜のシフトで帰宅が20時過ぎだった日。

 

仕事中に夕方知らない番号からの着信履歴が残ってて…

気になって番号検索してみたら、びっくり!

乳腺クリニックの番号だったんです!!

 

2週間先の予約時に結果が聞けると思っていたのに、1週間もしないうちにクリニックから電話がかかってきたんですもん!!!

 

ガタガタ震えました。

悪性と自分で確信していても告知の電話だと思うと震えが止まりませんでした。

 

もうこの時点で働いていたことに後悔です。

 

仕事中で出れなかった…

 

ことの結末が1日先送りになってしまった…

 

 

しょうがない、明日の朝イチで電話だ!

 

つづく