犬と乳がんと私

乳がん一年生のブログ初心者。予後不良因子と向き合い治療中。暴れん坊トイプードルの成長も一緒に綴っていきます。

心の安定に写真の整理は有効

 

最近、副作用の症状サイクルが読めるようになりました。

 

便秘→貧血→発熱→指先のしびれ→発疹

→投与2週目に復活☆☆☆

※ 脱毛は現在進行形なので抜かしてます

 

次の抗がん剤もこのパターンなら

1週間我慢すればなんとかなる!!!

この調子であと2回乗り切っていこうと思います。

 

bambibibimba.hatenablog.com

の続きになります。

 

***

 

2020年 11月6日 クリニックからの電話

今回も針生検の結果が早めに出たということで、診察日を11日に早めてもらいました。

(本当だったら沖縄2日目)

 

2020年 11月11日 針生検の結果報告

進行性のがんで、ステージIIのAか、Bか

まだ判断つかない感じ…

 

後に病理診断報告書を見せてもらったら、

ステージIIAとなっていました。

 

この日のうちに、手術日までの全てのスケジュールが決定。

 

・11月13日 CT検査

・11月18日 MRI検査

・11月20日 検査報告

・12月1日 家族同伴で手術の説明

・12月4日 入院

・12月7日 手術

 

手術まで、こんな一気に予定が組まれるのか!

驚いたのと同時に、つくづく、沖縄をキャンセルして正解だったことを痛感したのでした。

 

しかし、手術日が12月7日…

まだまだ先か…

 

先生から「11月はもういっぱいなんで

ごめんなさい…」なんて言われてしまって…

とんでもないです。

先生の優しさにいつも救われてます。

 

温存か全摘かもこの日に聞かれました。

 

最初から全摘のつもりだったので、

先生から「温存も可能…」の言葉を聞くか

聞かないかのうちに

「全摘でお願いします!!!」と食い気味で

お願いしました。

 

先生には、母親も乳がんだったこと、最終的に

脳と肺に転移したことは伝えてあったので、

先生も「お母さんのこともありますから、

全摘でいいと思いますよ」と、

 

残念だったのは、

同時再建はやってなかったこと。

先ずは治療に専念して、再建するなら2年後に

紹介しますとのこと。

 

この時点で気持ちは、同時再建できないなら

再建はもういいやってなりました。

切り替えの早さが売りです(笑)

 

もともとの胸も、それ胸ですか!?

ってくらい貧相な物なので、なんの未練もありません。

 

余談ですが、

埼玉貧乳説ってご存知ですかね?

 

私、埼玉で産まれ、26歳まで埼玉に住んでいましたのでこの説、納得でございます。

だって、私含め、友達みんな貧乳だったもん〜

 

埼玉の人に怒られちゃうかな (^^; 

 

 

2020年 11月13日 CT検査

検査内容もろもろは省きますが、

CT検査の後、リンパにも影が見つかり、

その場でリンパの細胞診をしました。

先生からは、悪性とは限らないですよと

言われたけど、

母親がリンパも全部取っているので、

どうしても悪い方に考えてしまいます。

 

この"リンパに影がある"っていう

パワーワードせいか、当日の記憶があまりないのが正直なところ。

 

2020年 11月18日 MRI検査

ガンガンドームの中で爆睡。

UNIQLOのエアリズムマスクが苦しかったことしか覚えてません。

 

2020年 11月20日 CT、MRIの検査報告

気になっていたリンパへの転移はなかったのでホッとしました。

他臓器にも転移が見られなかったし、

手術するのに何も問題なし。

再度、全摘でいいかの確認あり。

 

ちょうどこの日から、コロナの第三波で

県が厳重警戒となり、看護師さんから

入院までしっかり感染予防してくださいねと

お願いされました。

感染したら手術が先送りになりますからねって。

 

 

この診察も治療も何もない、

手術までぽっかり空いた2週間…

ただただ待つのみの2週間…

いちばんストレスを感じていた時期に思います。

 

コロナじゃなければ、胸のあるうちに温泉行きたかったし、あちこち食べ歩きもしたかった…

感染が怖くてどこにも行けない(泣)

 

 

この時期はひたすら家にこもって、

写真の整理をしていました。

(あっ忘れちゃいけない、ハルの躾もね)

 

子供達の写真を見ながら涙が出たりしたけど、

これは子育て楽しませてくれて、ありがとうの

意味で流した涙です。

 

決して辛くて泣いた涙じゃない!

 

重たいアルバムは捨てしまい、写真をポケット

ファイルに入れ変えたことにより、

めくるページだけでなく、心も軽くなったのでした。

f:id:bambibibimba:20210209163308j:image