犬と乳がんと私

乳がん一年生のブログ初心者。予後不良因子と向き合い治療中。暴れん坊トイプードルの成長も一緒に綴っていきます。

『えんとつ町のプペル』鑑賞

 

今日は、前から観たかった『えんとつ町のプペル』を観てきました。

 

私、YouTubeのカジサックのチャンネルを登録してまして、アフレコ風景を面白おかしく動画にしていたので、映画の公開を楽しみにしていたんです。

 

抗がん剤治療が始まって免疫が下がってる時に映画館に行くのもな〜と思ってたんですけど、上映スケジュールがもう1日1回になってしまってたので終了する前に行こうと!娘と鬼滅以来の映画館デートと決め込みました。

 

 

映画は、とても映像がキレイで丁寧に作られてるな〜という印象。

最初から最後まで、絵が動くというより、ステンドグラスが動いてるみたいだなって思いながら観ていました。

 

ストーリーは正直、先が読めてしまってクライマックスのドキドキ感が薄かったかな…

(原作の絵本は読んでいません)

中盤のゴミ漁りのシーンは、わかっていてもウルっとしたし、親子愛は胸にくるものがありますが、この映画、子供の頃のピュアな気持ちで観てみたかった〜

 

うちの娘ちゃん(21)、泣いていたようです。

母よりピュアで嬉しい!

しかも母の横で泣いてくれてとても嬉しい!

私、母親の前で泣けない(涙を見られたくない)意地っ張り娘でしたので (^_^;)

 

意地っ張り娘も歳と共に涙もろくなって、すぐ泣くおばちゃんに成り果てましたが、、、

 

そんな、すぐ泣くおばちゃんが、ホロリくらいの感動を受けた『えんとつ町のプペル

大人は美術品を鑑賞しに行く感じで観たら楽しめるかも。

子供さんには、夢を諦めないってテーマを素直に受け取って観てくれたらいいなって、

そう思えた映画でした。

 

あっ!プペルの歌詞に

"夢を持てば笑われて、

声を上げれば叩かれる"ってあるんですが、

これは映画云々より、胸に刺さりますね。

真面目に働く人を横目で見たり、茶化したりする風潮ないですか?あれやなんですよね…

それに被る歌詞だなと思えて、

プペルの歌は人生の応援歌だな!なんつって

 

 

ラストオーダーに間に合って、ランチにありつけたけど写真はなし!例のごとく、来たらすぐ食べてしまったので (^_^;)

f:id:bambibibimba:20210212231911j:image

デザートだけパシャリ

ブログやるのに写真を撮るクセをつけないとだな(笑)