犬と乳がんと私

乳がん一年生のブログ初心者。予後不良因子と向き合い治療中。暴れん坊トイプードルの成長も一緒に綴っていきます。

リクエストに応えて兜を飾ったよ

いよいよ今週の金曜日に次男夫婦が孫っち連れて帰省します。

 

孫っちは昨年の5月2日生まれ。

最初の緊急事態宣言真っ只中、お嫁ちゃんは誰も付き添いがいない中、ひとり頑張って元気な男の子を出産してくれました。

 こどもの日が生まれてすぐだったので、初節句は今年になります。

で、初節句のお祝いはどうする?って次男に聞いてみたんです。

若い彼らは特に考えはなかったようでした。

節句云々よりも先に帰省を決めてたので、帰った時にうちの兜を飾っててくれたらいいとのリクエストを受けて、何年かぶりに息子達の兜を飾りました。

f:id:bambibibimba:20210420205942j:image

兜の他にも長男に弁慶、次男に金太郎の人形があるんですが、長男が小学生の頃、家の中でかくれんぼをしてて、ガラスケースに飛び乗り足の裏を縫う怪我をしたため、弁慶も金太郎もガラスケースは処分して、人形だけ本棚に入れ飾っています。

その苦い経験から、孫には絶対人形ケースは送らない!両家の見栄の張り合いは絶対しない!と決めていました。

 

ありがたいことにお嫁ちゃんのご実家もとてもさっぱりしていて、お互い気張ることなくお付き合いできています。

 

一応、雛人形や五月飾りは親のお下がりはNGなんて言われますので、次男に確認しました。

「お母さんの雛人形ポンちゃん(娘)にあげたら、友達から雛人形はその子の守り神だから母親のはダメだよって言われたんだけど、兜もうちのでいいの?」って。

次男「そんなこと全く気にしないよ!」って。

そうでしょうよ。次男は高校の制服も長男のお下がりだったの全く気にしたことないって言ってたくらいでしたから。

 

兜は譲り渡す訳ではなく実家に飾るだけなのでお下がりとは言えないかもですが、お嫁ちゃんと次男の価値観が一致してて親としてもひと安心です。

 

この兜の前でみんなで写真撮るのが楽しみだな〜

その時は流石にヅラ被りますよ(笑)

 

***

 

私の雛人形を娘に譲った訳ですが、親の厄を子が引き継ぐなんてオカルト的なこと聞きたくなかったな。

だいたい私を守ってくれてたお雛様が私の娘に災いをもたらすわけがないと思うのですが!?

だって娘に何かあれば私が悲しむわけですから!!!

私の右乳が全ての厄を落としてくれてますよ〜

って今は思ってます。(`・ω・´)